おやじだって料理ぐらいできるさブログ

料理をしなければいけなくなったアラカンおやじの奮闘ブログです。

カテゴリ: おやじ流レシピ

枝豆の茹で方は色々あるけれど、呉のライブバー花clubのマスター良ちゃんから教わったのは、緑茶のティーパックを使った緑茶茹で。

お湯が沸騰したら緑茶のティーパックを5〜6個入れて茹でるだけ

あっ、俺は塩も入れて茹でます。


色も良く、ほんのりお茶の香りがして美味しいですよ。





先日のJKの登山のときに、スカイラインの売店で買った味噌漬のタレで大根、キャベツ、きゅうりの味噌漬けを作ってみました。



タッパーに野菜と味噌漬のタレを入れ、少しもみもみ (^。^) そして冷蔵庫で一晩寝かせる。

ちょと甘めだけどご飯のおかずに合うみたい。

焼魚にこのタレをぬって食べても美味しいらしいよ。




業務用玉こんにゃく500g  一袋158円

これを鍋に入れて、昆布だしをおたま2杯、醤油をおたま半分、みりんをおたま半分、水をおたま6杯、鰹だし顆粒を小さじ2杯を加える

汁が半分ぐらいになるまで弱火で煮詰める

はい、できあがり(^o^)/

イカわたに醤油少々、白だし少々、おろしニンニク、おろし生姜、コシュジャンを混ぜたタレを作る。

ニラを2センチぐらいに多めに切る

イカみみ、足、輪切りにした胴体をサラダ油で色が変わるまで炒める

炒めたイカにタレを加えてさっと炒め、更にニラを加えてさっと炒める

ピリ辛で、御飯のおかず、酒の肴にピッタリです。

タレを加えてからは炒め過ぎない事がこつかな(^。^)


おやじ流の鱈の煮付けです。4人前を想定しています。

1.冷水で軽く水洗いしてぬめりをとります。

2.皮を下にして鍋に入れ、日本酒、ネギ、生姜を加えて煮ます。

ネギは青い部分4〜5センチを数本、生姜は親指大を適当にスライスして入れます。

日本酒は鱈が隠れるか隠れない程度入れます。

料理酒が良いのかもしれませんが、俺は安い清酒を使います。呑めますからね(^。^)

3.2〜3分煮たら、砂糖を日本酒でといで加えて5分ぐらい煮ます。

砂糖はセブンイレブンの弁当に付いてくるスプーン山盛り2杯ぐらいです。

4.醤油をオタマ1杯、みりんをオタマ半分ぐらい加えて、弱火で10分ぐらい煮て完成です。

途中で味見をして、醤油と日本酒で好みに調整すればOK!

盛り付ける時に生姜は少し残しますが、ネギは捨てちゃいます。俺はね。

「渡る世間の鬼ころし」
これがおやじの料理酒です(^。^)


↑このページのトップヘ